お知らせ

京都の祇園の近くにある創業昭和5年のお米屋です。 看板商品の古代米(黒米・赤米・緑米)を昭和60年から日本で始めて販売し、30年以上、元祖古代米販売元として日本全国にお届けしています。もちろん白米(銘柄米・業務米・すし米)も扱っており京都市内中心部には配達も致します。また、雑穀のキヌアやアマランサス・きび・ひえ・あわも扱っており、最近では珍しい古代米の米粉も販売しています。

-ACCESS-

〒605-0081  京都市東山区古門前通大和大路東入三吉町345-6

TEL:075-561-4583

FAX:075-561-4649

MAIL:info@gion-kajiwara.com

OPEN :9:00 〜18:30

CLOSED :日曜・祝日

-当店は古代米を日本で始めて販売した米穀店-



およそ7000年以上昔、お米は白いお米の他に赤・黒・緑色、そして香りのあるものがあり、その一部が3000年程昔(縄文期)日本に伝来しました。


白いお米に押されて、やがて栽培されなくなっていきますが、赤米だけが宗教伝承で僅かばかり残っていました。それを当店の創立者が「現代の食」として復元しました。


初めて「赤米」を見たのは、1980年代初めのこと。氏神である八坂神社の宮司から奉納したいから探してほしいと、依頼を受けた事がきっかけでした。


奉納するのは少しばかりであった事から販売を始めることとなりました。